今朝はどういうわけか、昔のグループサウンズの曲を頭の中で反芻しながら目が醒めた。「♪年上の人、美しすぎるウ~」という沢田研二の歌うフレーズが浮かぶが、曲名が出てこない。記憶もあいまいで途中から別の曲へと混線していってしまう。「♪どんなに~遠く~離れて~いても~僕は~おまえの~心が欲しい(ここで転調)」とか「♪きっとあなたは、赤いバラの、花の香りが、苦しくて~~(ここで転調)」とか、あげくの果てはビートルズの「抱きしめたい」や、ユーミンの「ルージュの伝言」も、混線に加わってくる・・・


ポールマッカートニーは、ある朝頭の中で明瞭に鳴り響いているメロディーとともに目覚めた。「誰の曲だっけ??」と考えたが、どうやら既成の曲ではなさそうだったので、朝出来た曲ということで「スクランブルエッグ」という自分たちの曲として発表したのだそうだ。(のちに「イエスタデイ」と曲名変更)


思えば3年前私が(いまカバー写真に使っている)チェロの曲を作曲したときも、ある朝目覚めのまどろみの中でメロディーが鳴り響いていて、起き上がったときには16小節ほど出来ていた。その主旋律を活かしてチェロ曲を完成させたのだが、今思えば、夢の中で天から舞い降りてきたようなメロディーだった。

画像に含まれている可能性があるもの:飲み物、食べ物