鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

2006年03月

尚美ミュージカル「シューベルト」写真集

尚美大学初のミュージカル・・・というほどではありませんでしたが・・・音符音楽ドラマ「シューベルト」が28日池袋の東京芸術劇場中ホールで公演されました音符そのときのスナップ写真集を以下のURLにおいておきますので、関係者はご覧ください。ファイルをプリンターで印刷する人のために、サイズの圧縮はほとんどしていませんので、ご注意ください。
また、関係者同士知らない人にはどんどん教えてあげてください手紙。このページを見ていない人もいますので・・・。(業務連絡でした)

「シューベルト」スナップ写真集(関係者向け)
http://www2.shobi-u.ac.jp/%7Eitsuru/Shobert2006/PhotoFrame.htm

使えないMIDIインターフェイス

Warning.jpg
おかしいんです。ずっと使えていたものなのに,最近使えないのです。
ドライバの再インストールなどいろいろやっているのですが、今の所さっぱりだめ。音楽関係の作業が出来なくて(Windowsなら出来るけれど)ちょっと困ります。
次から次へと・・・こんなことばっかし・・・

神野明ピアノリサイタル

Jinno_m.jpg友人のリサイタルを紹介します。
音符「神野明ピアノリサイタル~偉大なロ短調」
2006年3月31日(金)午後7時開演
津田ホール ¥4000
ショパン マズルカ ロ短調 ほか
ショパン ピアノソナタ第3番 ロ短調
リスト ピアノソナタ ロ短調

彼は昔から、リサイタルのときには、曲の合間にマイクを持って曲目紹介や彼自身の体験したエピソードなどを紹介して、アットホームな雰囲気でリサイタルを行っていました。今回もそうなのかな?
クラシック関係者の中には、「音楽は音楽だけで表現すればよいので余計な解説を入れるのは邪道である」というような考え方の人もいるようですが、いろいろな演奏会があってよいと鶴ちゃんは思います。とくに、クラシック音楽は高尚で一般の人にはなかなか親しみにくいという先入観から敬遠する人も少なくないので、そのような人々もコンサートホールに足を運びやすくする努力という意味で、お話つきのコンサートにはそれなりの意義があると思うし、そのようなコンサートも最近では珍しくものではなくなってきました。演奏生活もすでに35年を超えている彼が今年はどんな演奏をしてくれるか楽しみです。(画像クリックでチラシ画面)

卒業おめでとう!

鶴ちゃんの勤務先では、昨日卒業式が行われました。4年制大学になってから6回目・・・いや6年目の、第3回目の卒業式でした。卒業された皆さんおめでとうございました。これからも時々キャンパスへ遊びに来てください。

謝恩会から作曲メディアコースのコンパ・・・と、お決まりのコースをきちんと鶴ちゃんは付き合ったのだけれど、今年は謝恩会もコンパも参加者が心もち少なかったような気がした。少子化?・・・そんな大げさなものじゃなくて。(手配が不十分だったかな?)
いろいろな思い出と反省を残して・・・また新たな日々が始まる。頑張ろう。

使えないG4マック

ProToolsM-Powerdで、OSごとインストールし直したら、「録音可能ボリューム」問題は解決した。しかし今度は「CPU処理能力が不足しています」との表示が出て、なにも出来ず。
最低システム環境はG4の場合933MHz以上となっている。私のマシンは1GHzなので一応OKのはず?・・・でも、使えない。
ソフトもマシンもどんどん新しくなるのね(・・・私自身は古くなってる)
新しいMacminiでも買ってみるか・・・・

消えたSibelius

フォーマットするドライブを間違えたみたい・・・
Sibeliusが入っているのは別のドライブだと思っていた・・・・

使えないProToolsM-Powerd(Mac)

ptmp7_squares.jpgProTools M-Powerdなるソフトを購入した。インターフェイスとセットで52000円とお値打ち価格だったお金。インストールしようとしたら、マックのOSが最新ではないと断られてしまった(T_T)。しかしご安心。一つ前のOS10.3.9でも使えるひとつ前のバージョンのM-Powerdも同梱されていたのだ。で、そちらのインストールは無事終了パソコン。しかし起動してからが問題だった。セッションを保存するハードディスクを指定する時にどのハードディスクも「オーディオ録音に適していない」との理由で、警告画面を表示して止まってしまうのだ。ダメとりあえずメーカーに問い合わせ、返事が有ったアドバイス通りに処理してみたが、今の所未解決・・・・アウト
マックOSを最新のものにしろ・・・ということか?それもなあ・・・・心配。
目下のところ途方にくれるだけの鶴ちゃんであります。

新作初演無事終了。御来場感謝。

昨日後藤文夫ユーホニアムリサイタルにおいて、拙作の「ユーホニアムとピアノのためのソナチネ第2番」が初演されました。「カデンツは自分で作ってくれても良いよ」と言っていたら本当に私が作ったカデンツにさらに追加を交えて演奏をしてくれました。演奏全体の出来栄えも、作曲家自身が想定していたよりもずっと「好演」だったので満足しています。演奏者に感謝です。
鶴ちゃんの友人で来場してくれた皆さん有難うございました。そのほか当日ゆっくりご挨拶が出来なかった方々にも、この場をかりてお礼申し上げます。

静香うどん!(期間限定)

sizuka_m.jpg料理朝日新聞記事から見つけました。笑顔あまりに笑っちゃったので、紹介しておきます。一定期間経ったら削除する予定です。

元記事はこちら
http://www2.asahi.com/torino2006/news/SEB200603040006.html

ところで、いよいよ今夜は新作が初演される。わくわく。

アジアの伝統・アジアの現代

turukondo_mid.jpg

音符昨夜は上野の奏楽堂で行われた「アジアの伝統/アジアの現代」という演奏会に行ってきました。日本人作曲家の作品とアジアの作曲家の作品を、松下功氏の解説を交えながら5曲鑑賞しました。マレーからは民族楽器のガンボスの演奏が紹介され、とても興味深く聴けました。Blogで知り合った山の作曲家さん(写真右)の筝とビオラのための作品も演奏されました。彼の作品では昨年発表の「南の小協奏曲」が9人編成のとても楽しい作品で鶴ちゃんのお気に入り、お勧めです。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ