鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

2007年03月

ご臨終・・・

deadpc_m.jpgついにご臨終です、私のデスクトップマシン(Windows)。悲しい
OSの入っていたドライブのモーターが回転しなくなりました。別ドライブのデータは残っているけれど、死んだドライブのデータは帰らない。バックアップもとっていませんでした。困った
半月前に植物化した私のメインマシン(G4マック)は、データを10枚のDVDに書き出しましたが、ウインドウズの方は突然でしたので・・・・

これで、これまで使ってきた自宅のデスクトップマシンは2台とも昇天。職場にある二台のデスクトップマシン(マックとウインドウズ)も、そろそろ同じことが起こりそうなアルツハイマー状態。よく止まる、遅い。デフラグでエラーになる・・・・救えそうにありません。病院

そちらの二台がかたつけば・・・(^^;;MacBook1台を自宅と職場で往復させて使うことになる???

「はじめての<超ひも理論>」&雑感

sstring_m.jpg川合光著の「はじめての<超ひも理論>」を読んだ。

・・・・ふむふむ・・・ま、そういうことさね。

よくわかりました。「超ひも理論」は「素人に理解できるものではない」事がよくわかりました。

10次元と言われてもねえ・・・論理的にはそれが正しい、と言われてもねえ・・・

<雑感>
これまでに読んだこのテの本の中では、イリア・プリゴジン著の本が一番よかったと言う印象が残っている。お勧め。
専門家から見れば「ちょっとかじっただけ」に過ぎないけれど、素人としては、かなりこの手の本は「読み尽くした」感じがするなあ。しばらく休憩しようか。

理論はともかくとして、自然の造形の見事さや生命現象の不思議さを、味わってゆきたい。「感動する心」を大切に生きてゆきたい。

理論はともかくとして、人々に感動を与える音楽を作ってゆきたい。
「理論的に優れた音楽」には、さほど興味はない。

朝青龍の呪い?

またか!と相撲を見ていて思うことがある。
asashoryu.jpg朝青龍の優勝云々のことではない。殊勲賞のことである。横綱が二人いれば、一人の時よりも殊勲賞の出る確率は増えるはずだが、今は長い間一人横綱の状態が続いている。それだけでも殊勲賞の出る確率は少ないわけだが、その一人横綱の朝青龍が滅法強いので、なかなか殊勲賞は出にくい。
しかし朝青龍とて負けることはある。朝青龍を負かした力士が平幕の場合、勝ち越せば殊勲賞を取れる可能性が高い。

今場所初日に小結の時天空が朝青龍を破ったので、その後の星の状態を注視していたが、千秋楽に破れ、惜しくも勝ち越しはならなかった。・・このような現象をこれまでにも経験していた鶴ちゃんは「またか」という思いだ。これまでにも普天王、稀勢の里などの若手力士が朝青龍に勝ったりしたので、そのあと注視していたが負け越している。
不思議だ。
今場所は時天空のほかに雅山が朝青龍を破っているが、雅山の場合は勝ち越すどころか途中休場である。ここ何場所かの相撲見ているが、せっかく朝青龍に勝ってもなかなか殊勲賞を取れない力士が多い(昨年の稀勢の里以外)。・・・朝青龍の呪いでもあるのだろうかと思ってしまう。

フォーレP4

faurep4_m.jpg行ってみたい。フォーレハート! 「ピアノ4重奏曲第1番」音符

http://www.concertsquare.jp/blog/2007/2007010712.html
こっちも(おなじ)
http://www.mypl.biz/mypl/town/front/TownList.do?asp_id=1&skin_no=11012

卒業式

笑顔今日は勤務校の卒業式でした。学校
media1_m.jpg
音楽メディアコースの卒業生と記念撮影(クリックで拡大)
(携帯電話のデジカメなので画質はこの程度)

鶴ちゃんはこれまでは送り出すだけで、卒業は自分のことじゃなかったのですが、今年は鶴ちゃんも3月31日をもって卒業です。
4年生大学になってから7年、短大時代が9年、合わせて16年。
・・・感慨深いです悲しい

いろんな事がありましたが、やっぱり16年はちょっと長かった・・・助教授。

Pasmoとは?

pasmo_m.jpgなんだ、そういうことか。
首都圏の私鉄で共通して使用できるタッチ式IC乗車券「Pasmo」とやらが運営を開始した。これまで有ったJRの「Suica」と同じような使い方が首都圏の私鉄で出来るらしい。私も毎回パスネットを買うのにも飽きたので、PASMOにしようかと駅員に聞いてみたところ、PasmoはSuicaと互換性があるとのこと。つまりPasmoでJRに乗ることが出来、Suicaでも首都圏の私鉄に乗ることが出来るらしい。
それなら,Suicaを持っている鶴ちゃんは、Pasmoを買う必要はないわけだ。

ただし、SuicaのチャージはJRで、Pasmoのチャージは私鉄駅で・・・といううわさがある。どこで確かめる??

Pasmoのホームページはこちら

抜糸が終わりました。

手術後1週間で抜糸、あっという間に終わりました。もう薬もなし。
診察料220円なり。

取り出したものの分析結果を説明してくれましたが、難しい単語が横文字で、皮膚がどうの毛根の一種がどうの、角質化した細胞のようなものがどうの、コレステロールの何かがどうの・・・素人にはどうでもよいような・・・というよりは理解不能な内容でした。

念のために聞いてみたところ「atheroma」ではありません。とのことでした、

頭の手術が終わりました

今朝9時半に病院に行き、頭の手術をしてきました。頭の皮膚の内側に出来た「へんなもの」を取り除く手術です。15年以上前から小さなこぶのようなものがあるのは気づいていたのですが、ここ2~3年で大きくなってきてしまい、気になるようになったのでとってもらうことにしました。
 手術台でうつぶせになり、患部を部分麻酔して、30分程度の手術でした。感覚がないので、「今、切ったところかな」とか「そろそろ中のものは出たのかな」とか考えながら寝ていましたが、正直言ってまったく判らなかった。「血が顔のほうにたれてきたらどうしよう」などと思っていたのも杞憂におわり、血は一滴も見ず。ちょっと包帯をあてがっただけの手術結果でした。装置が良いのか(レーザーだったような)先生の腕が良かったのか?

 取り出したものを写真に撮らせていただきました。
ope01_m.jpg

こういうのを、デルモイド・シスト(Dermoid cyst)というのだそうです。
日本語ではたとえば以下のように解説されています。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/yako6118/htdocs/dermoidcyst.html

友人のお医者さんが写真を見て「atheroma」のようだな」とおっしゃいました。
atheromaの解説記事はこちら
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/shharada/atheroma.html

ope03_m.jpg手術後は、いつものバンダナを「頭巾」のようにして、傷跡を隠しています。・・・・しばらくはこれだな。(いつまで?)

新しい○○○○が来ました

2monitor_m.jpgscore2p_m.jpg
これまでのトリニトロン17インチモニターに替わり、20インチ液晶モニターが来ました。マックブックの画面と比べて、なんと広々と大きいことか。
マックブックからもコネクタを入手すれば接続できて、2モニターとして使えるはず。

楽譜ソフトではA4サイズで見開き2ページが表示されます。(1680x1050)画面のハードコピーです。

クリックすると拡大しますよ。通常のモニターでははみ出すのでスクロールしないと見れないかも(^^)

環境がいろいろ変わって、すんなり行かないトラブルもあれこれ・・・・
いちいちここには書かないけれど・・・

大沢ゆりピアノリサイタル

ohsawa_m.jpg本来ならば「バンダナ先生の談話室」に載せる記事なのだが、あちらは訪問者も少ないので、こちらで宣伝しておきます。

尚美出身の大沢ゆりさんは、昨年のフランス音楽コンクールで見事優勝!その記念の意義をこめての東京でのリサイタルです。

日時:3月15日 午後7時開演
会場:カワイ表参道2F・パウゼ
曲目:フォーレの「舟歌第3番」
   ラヴェルの「水の戯れ」
   メシアンの「嬰児イエスに注ぐ20のまなざし」より
   デュティーユの「ピアノソナタ」
   ほか

曲目は鶴ちゃんの大好きなフランス音楽がたっぷり!。とても楽しみな音楽会です。会場は120席というサイズですので・・・興味の或る方はお早めに予約を。

公式ホームページはこちら
http://kawai-kmf.com/concert-info/2007/03.15/

mixiのかたはこちらで
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16062469&comment_count=0&comm_id=399635
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ