鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

2009年05月

六月のコンサート

なんだか来月は、コンサートに行く予定が多い。
09mtomorrow.jpg<6月1日>
Music Tomorrow 2009 NHK交響楽団
19:00新宿オペラシティー武満メモリアル・ホール
リゲティ作曲バイオリン協奏曲(独走:庄司紗矢香)
あとは邦人作品3曲

関連ホームページ

<6月4日>
現代日本のオーケストラ音楽第33回演奏会
19:00東京文化会館大ホール
友人の小森俊明氏の入賞作品
黛敏郎の「曼荼羅交響曲」も

関連ホームページ

<6月9日>
藤井一興ピアノリサイタル
19:00東京文化会館小ホール
メシアン「嬰児イエスにそそぐ20のまなざし全曲」

藤井一興ホームページ

<6月20日>
群馬交響楽団455回演奏会
18:45群馬音楽センター
コルンゴルト作曲「バイオリン協奏曲」(独奏:堀込ゆず子)
マーラーの第5交響曲も

群馬交響楽団ホームページ

まだあるかな?

五月の薔薇

今年も我が家の薔薇が咲き匂っています。
09rose03.jpgピンクの薔薇は良い香りがします。
09rose01.jpg紫の薔薇は個性的な香りです。
09rose04.jpgミニ薔薇(赤)
09rose02.jpgミニ薔薇(ピンク)
09flower.jpg薔薇も良いけどマーガレットも良いね。

さあ、明日は歌の伴奏・・・練習しなくちゃ。

コルンゴルトのミュージカル

こんな曲有ったっけ?と思ってCDを買ってみた。
ewk_haunt_m.jpg
確かに「コルンゴルトのミュージカル」ではある。
コルンゴルト作のミュージカルは、私がスイスで観て来た「沈黙のセレナーデ」1曲しか無いはずである。
この録音は、「コルンゴルトをモデルにしたミュージカル」だった。
歌われる曲は、コルンゴルトの作曲した歌ばかりなので、一応納得。
しかしながら、目新しい発見は、全然なかった。お奨めするような内容ではない。

<翌日補足>
昨日はあのように書いたものの・・・このような「コルンゴルトの生涯や音楽を紹介するミュージカル」なるものが存在する事自体、実に有り難いことである。関係者の努力には最大限の敬意を表したい。
コルンゴルトの純粋なミュージカル作品は「沈黙のセレナーデ」(Die Stumme Serenade)一つだけではあるが、1930年代の初め、ハリウッドに渡って手がけたミュージカル風の映画「Give Us This Night」というのがある。その中のいくつかの歌は、今でも歌曲として取り上げても十分に楽しめる素敵な歌だ。
例えばこんな曲

5月!(雑感)

先週の土曜日には、英語によるミュージカル「So we Sing」を観た。ややブラックミュージック的なこう行った歌は、英語だとよくはまるのね。

自宅の部屋の模様替えは、家内の監督のもと着々と進行している。研究室の模様替えは遅々として進まず。

5月の花あれこれ・・・
flower05.jpg遠くから観るとコスモスのようにも見える
09flower03.jpg一輪にみえる団結して咲く小さな花の群れ
09flower02.jpgミニバラ
09flower01.jpgポピー(芥子の一種?)

GW・・・

今年のゴールデンウイークは、高速料金の特別割引(どこまで乗っても1000円)による、高速道路の渋滞が話題になっていますが、そうでなくともこの時期に車で出かけるのはやめておこうというのが、これまでの鶴ちゃんの過ごし方でした。
そんな訳でお出かけはもっぱら、近いところばかり。

昨日はR大のK教授のお宅へ招かれて、バーベキューをしながら歓談、他のお客様で「クラシック音楽が好き」という方がいたので、早速コルンゴルトのことを宣伝してしまいました。
どなたかが持って来た沖縄の「泡盛」を少しだけいただいたのですが・・・これが効きました。

GGGG・・・WWWW・・・・

さて、今日あたり東京国際フォーラムへ行ってみるかな。
(・・・と、思ったら、公演チケットすべて売り切れではないの)
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ