鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

2009年08月

政界の激震

衆議院選挙で民主党が大躍進!政権交代は確実となった。
今回の選挙の傾向はというと、「とにかく一度政権交代を」と言う訳で、自民党政治を終わらせたいと言う審判だったと言える。「民主党のどこが良くて民主に投票したのですか」と聞いても、多くの人は上記のように答えることだろう。
つまり、「民主党が良いから投票した」という人は、この選挙結果ほどには多くはなかったと推測できる。(ある意味で「情けない」)

得票率が55%対45%位でも議席は300議席対80議席のようなことになってしまう。それが「小選挙区制」の恐ろしい所だ。
国民は微妙なバランスを取る為には細心の注意を払わなければならない。傘の上の皿をまわす曲芸師のように・・・・
政界の勢力図があっちへふらふらこっちへふらふらと、やじろべえのようにいつも不安定なのも困る。もう少し得票率に近い議席配分になるように、以前のような「中選挙区制」に戻しても良いのではないかと思うのは私だけだろうか?


ともあれ、政治への関心を怠れば、・・・・政治家が本当に国民の為の政治をしてくれる世の中にはならないだろう。
政治は結局国民の責任なのである。

生姜の香り

ginger_m.jpg暑いと、水分を取りたくなりますよね。最近の鶴ちゃんの「ニュー・ドリンクに挑戦」はこちら。

ジンジャー・・・要するに「しょうがドリンク」だ。

同じショウガを原料にしたと言っても「ジンジャーエール」とはかなり違う。生の生姜の香りがぷんぷんしてくる飲み物だ。
ユニークなもの大好きな鶴ちゃんは平気だが、お世辞にも万人向きとはいえない。おいしいとも・・・・言えない。


でも、鶴ちゃんはこういうのを嫌いじゃないのだ。

土の香り

vilalobos_m.jpgもう昨日のことになるが・・・
20世紀ブラジルの代表的作曲家ヴィラ=ロボスの作品を聴く機会があった。バッハに触発されて作ったと言う「ブラジル風バッハ」という組曲、これが9セット有る。つまり第1組曲から第9組曲まであるようなもの。これの全曲演奏会というのが東京オペラシティーのホールであった。14時から19時近くまでかかるという、長時間な演奏会だ。あいにくこの日は出勤の日。9つ有る「ブラジル風バッハ」組曲の楽器編成はまちまちなのだが、当日は楽器編成の小さなものから演奏が始められ、最後にオーケストラを用いた組曲(4つ有る)が演奏されるという、演奏順はわかっていたので、遅れても途中からになっても、聴きに行くと決めていた。
結局仕事は3時半くらいまでかかってしまい、演奏会場に着いたのは開演から3時間も過ぎた5時頃だった。それでも、オーケストラの為に書かれた組曲を3曲、しっかり聴く事が出来た。
ブラジルの香り、土の香りのする、大変魅力的な音楽で、遅れても聴きに行った甲斐が大いに有ったというものだ。やはり生演奏はCDで聞くのとは違う味がある。また是非聴いてみたい曲だが、実のところこの曲が演奏会で取り上げられるのはかなり珍しいことなのだ。まだ聴いたことが無い方には是非一聴をお奨めしたい。

ゴキブリ?!

確かにNHKアナウンサーが言っていた。Gokiburiと・・・・
実は、4~6月の実質国内総生産(GDP)がプラスに転じたというニュース。
これが1年3ヶ月ぶりだということ、長い谷間をやっと抜けられるのかという明るいニュースなのだろうが・・・この1年3ヶ月=3ヶ月を「1期」とすると「5期」になる。
「5期ぶり」にプラスに成ったという話。
私には「ゴキブリ」と聞こえました(^o^)

靖国神社

昨日は終戦の日。
自民党議員のみならず民主党の議員の一部も靖国神社に参拝したらしい。
しかし鳩山氏は、「靖国神社とは別の無宗教の追悼施設を作る・・」・といっていた。
鶴ちゃんの考えは少し違っていて、「靖国神社」を「無宗教の戦没者追悼施設」に変化させよ、というものだ。

靖国神社は、歴史を調べると、「天皇制の日本国」の為に戦って死んだ兵士を慰霊する施設だったのだ。
昭和21年に国家管理からはずし、東京都管理の単一宗教法人に(格下げ)したのは、「天皇制の日本国」が存在しなくなったからだろう。 このように、とうの昔に「天皇制の日本」ではなくなっているにもかかわらず、靖国神社が「天皇制の日本」のころの性格をそのままを残していることが、そもそもおかしいのではないかと思う。
wikipediaによると、靖国神社は将来もう一度国の管理に戻す(お返しする)事も視野に入れているらしい。
だから、鶴ちゃんのの考えでは、靖国神社を「国家の管理による無宗教の(あるいは「宗教的に中立な」) 戦死者追悼施設」に(格上げ)する(もどす)、というのが良いのではないかと思う。
「天皇制の日本国」が敗戦によって消滅し、いまの民主主義「日本」になっていることに対応させると考えれば、「神社」から「無宗教の追悼施設」へと変質させることも出来るはずだ。
よく問題になっているA級戦犯は、合祀を解いて、分祀したほうが良い(多くの人の理解が得られる)と思う。施設は無宗教になるのだから、神社が「分祀は出来ない」とは言えないはず。
靖国神社を無宗教の追悼施設に変えるするのは良いとして,それだけでは十分ではない。兵士以外の戦没者や、日本人以外の戦没者 (日本の攻撃によって死んだ人々)などに対する慰霊の意義も追加して「総合慰霊施設」にしなければ、戦争を二度と起こさない願いを込めた平和の為の追悼施 設として、十分とは言えないと思う。もしも兵士だけを追悼する施設だとしたら・・・兵士の追悼=兵士を励ます=戦争肯定ということに通ずるので、そんなのは鶴ちゃんは嫌だな。
「誰もがわだかまり無く戦没者を慰霊することの出来る施設」は必要で、それは新たに作るというのではなく「靖国神社がそのような施設にならなければならない」と思うのだ。そう成れないとしたら・・・それは、(天皇制の日本国という)「過去」の遺物でしかない。そうしてそれが、政争や国際問題の種になるとしたら・・・ともかく残念な話です。

もっとも・・・・、このような有る意味「宗教的な性格のことがら」を、国で決めることが出来るのかどうかが、憲法に照らして簡単には行かない気がする。
・・・だから,誰かがこんな主張をしているという話も聞いたことが無い(^^)・・・少数派。

ピアノの日

piano_grand.jpg音符今日は「ピアノの日」・・・

・・・・とは言われないのか?

8月8日~「88」だから、ピアノの88鍵にかけて・・・・

ピアノメーカーで「ピアノの日」と宣言してしまって何かイベントでもすれば、定着するのかな?
なんとかの日ってどうやって決めているのかな?

原爆の日

nclear.jpg64年前のこの日、広島に世界初の原爆が投下された。それから幾星霜・・・
今年の4月にはアメリカのオバマ大統領によって、核廃絶への決意が語られた。
この地球から核兵器というものを・・・ひいては、戦争というものを無くしたい。そのように願わない人は無いだろう。しかしそれが可能なことだと信じられる人はどのくらいいるのだろうか?

原爆開発からただ一人脱退し、核廃絶運動のパグウォッシュ会議の創設者である、ノーベル平和賞受賞者、故ロートブラット博士は次のように語っていたそうだ。
「核兵器は発明されてしまったから、その発明技術を人類が忘れることは不可能である。ということは、核兵器廃絶のために真に必要なことは、核兵器を使う理由そのものを廃絶するしかない。つまり、戦争という慣行そのものを人類が完全に放棄すればよいのだ。これは、絶対に可能である。なぜなら、人類は帝国主義・植民地制度という慣行は廃止できたのだ」と。


この考え方が世界の主流になってゆくことを願う。人類の未来は、「人間」の手にかかっているのだから、その「人間」を信じたいものだ。「人間不信」は戦争の原動力だから。
「神様を信じるのではなく人間を信じる」これが、鶴ちゃんの信仰のようだ。

飲んでみるね

shisotea_m.jpgグラス「ペプシしそ」に始まったこの夏のドリンク探検隊・・・?
ハーブティーのようなものも、どこかにあるのではないかと探したら、「青じそ緑茶」というものが見つかったので,早速ネットで通販、購入してみました。1週間待たされやっと届きました。

さて、お味は?・・・・

緑茶の舌触りの周囲に青じその香りが漂ってくるという感じ。有る意味ハーブティーということで、何となくくつろいで癒される感じ・・・がしないでもない。
私はこういう飲み物を飲むことに抵抗は無いが,お勧めしたいというほどでもないかなこれは。でも、興味のある方はお試し下さい。

このお茶を購入した所はコチラ、
http://www.yu-netkita.com/onoen/ocha/aojiso_ryokucha.html
博多に有る「お茶の小野園」というところ、博多の女性が「飲んでみるね」と言ったらそれは「飲んでみなさい」「飲んでみれば」と言ったニュアンスになるんだな、コレが。
このお店のホームページに青じその効用が書いてあったので,引用しておきますね。
「青じそが身体にいい理由
ベータカロテンの豊富な緑黄色野菜は、老化に負けない元気な体づ
くりには欠かせません。中でも青じそは、西洋カボチャの3倍ともいわ
れるベータカロテンを含む、緑黄色野菜の優等生です。また、鉄分な
どのミネラル、ビタミンB1・B2も豊富で、アレルギーに作用するとい
われるα-リノレン酸も多く含まれています。東洋医学では青じそは蘇
葉と呼ばれ、胃腸の調子や免疫力の回復など、生体の働きを整える食
材として古くから使われてきました。また、あの新鮮な香りに気分をリフ
レッシュする効果があることはもうお気づきでしょう。ぜひ毎日摂りたい
野菜の一つです。」

しかし、青じそ茶を作って売っているのはここだけではなく他にもいろいろあるようだ。

たとえばここには「ルピシアの青じそ茶」が・・・
http://www.lupicia.com/html/ja/item/001/007/item6444.html

そして、緑茶とブレンドしないで、青じそだけで作った完全ハーブティーも・・・・
http://www.kenkou-star.com/051.htm
機会があればこれも試してみたいが,やや高価だな。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ