鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

2009年09月

名ピアニストの死

larrocha.jpgスペインを代表する偉大なピアニストであるアリシア・デ・ラローチャさんが亡くなった。86歳。決して大きはない体で、難しいアルベニスやグラナドスのピアノ作品を弾きこなして世界に紹介した、まさにスペインの国宝ものの名ピアニストだったと思う。
・・・合掌・・・。

私が見た紹介記事はコチラ(ムービー有り)

そりゃないよ(2)

もう一つのブログのほうに書いたので、そちらを読んでやって下さい。
http://ameblo.jp/bandana-turu/entry-10347763484.html#cbox

そりゃないよ・・・

まだ早すぎる・・・同級生の死

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000019-mai-peo

彼の使っていたYAMAHAのピアノを中古で譲ってもらって、今我が家で使っている。
大きな「形見の品」になってしまった。

合宿の

DVDが出来ました。
あまり編集に時間をかけていないので、撮ったまま・・・ダラダラと長い。

長い夏も終わり・・

明日から秋の出勤開始です、とは言っても明日と明後日は合宿研修で浜松行きですが。

この夏の長いトンネル・・・ウインドウズパソコン2台の不調・・・どうやら抜け出せそうです。
core 2 Quadマシンはマザーボードを交換することで、エラーが出なくなりました。もう1台のcore 2 duoマシンは、CPUを新品にしたらBios画面が表示されるようになりました。ただ、「このCPUにはマザーボードが対応していません」と表示されました。(T_T)
CPUをもう一度買い直すか、それともCPUに会わせてマザーボードも買い直すか・・・
と思ってふとQuadマシンから外したマザーボードに目が止まりました。「こいつなら新しいduoのCPUに合うはずなんだが・・」試しに、QUadマシンから外したマザーボードを新しいduoCPUの方に付け替えてみました。こんどは「対応しません」などと表示されることも無く、無事に立ち上がりました。エラーチェックでも問題無し。「???」では、Quadマシンの時にエラーを出していたのは、何が悪かったの???・・・・

と、ともかく、これでウインドウズマシンが二台とも使えるようになりました。この夏休み作曲をしようと思っていたのに、何も出来ていない・・・・何という夏休みだったのだろう!

青みかんの香り

aomikan_m.jpg日本は自由競争の国だから、本当にいろいろな製品が次々と作られていますね。ドリンクの世界もそう。今日見つけて「ちょっと飲んでみようかな」と思ったのがこれ。

「青みかんビタミン

販売しているのが「日本食研株式会社」で愛媛県今治市にある会社だ。なるほど愛媛はみかんの町だからね。
それにしても、夏みかんとかではなくて「青みかん」って何?黄色くなる前のまだ十分熟れていないみかんのことでしょうか?
ビタミンPって何? うーんなんだか説明が書いてあるようだ。画像をクリックすると拡大しますので暇な人は説明を読んでみて下さい。

で、味はどうだったのかと言うと・・・・「オレンジジュースと思えないくらいに甘みを抑えてしまったオレンジジュース」とでもいうのかな? やはりみかんの香りはします。そんなに酸っぱくはありません。 お奨めするほど美味しくもない。ま、サプリメントと思って飲めば良いのかな。

これを飲んでて思い出したのが、昔よく飲んでいた「プラッシー」。今の若い人は知らないかな?

このドリンクを発売している会社のホームページはここ

P.S.初めて飲んだ時は「???・・・」という感じだったけれど、飲んでいるうちに、だんだん美味しくなってきた。普通のオレンジジュースなんて普段飲みたいとも思わないけれど、「これ」はなかなか良いです。

コルンゴルト広め隊

4日から6日まで東京芸術大学で芸術祭(大学の文化祭)が開かれています。その中で、4日の夜にはコルンゴルトの曲ばかり演奏するコンサートがあると言うので、聴きに行ってきました。
企画したのは4年ほど前からコルンゴルトの音楽に目覚めた(鶴ちゃんと同じ頃だ)楽理科2年の中村さん。当日は司会やコルンゴルトの生涯の紹介なども行っていました。学生による演奏も4曲ほど、歌曲とピアノ曲と弦楽四重奏曲(抜粋)と言うバラエティーに富んだ内容で楽しめました。
40分弱の短い時間でしたが、簡素で的確な解説で、初めて聴いた人にもコルンゴルトのあらましがよくわかったのではないかと思います。終わりの挨拶の時、中村さんは感極まってしばし絶句・・・やはりいろいろな苦労が有ったのでしょう。誰も知らない中で、コルンゴルトを広めようという、先覚者としての苦労が・・・。

その点鶴ちゃんは、自分がコルンゴルトの音楽を吸収するのに忙しく、普及活動はあまりしていない・・・。
でも、こうした若い人たちの中に、コルンゴルトの音楽が次第に広まってゆくことを思うと、音楽の未来に希望が持てます。
20世紀はあらゆるものが破壊された時代で、芸術の世界に於いても古い伝統がことごとく破壊されて、全く新しい表現法が誕生した時代でした。その後の人々は芸術をどのように楽しめば良いのか、音楽の素晴らしさとはどんなものかが、よくわからなくなってしまったのでは無いでしょうか?
コルンゴルトの音楽を聴いて、音楽を楽しむ心、目新しさや技術だけではない、本物の音楽の素晴らしさに気づく人が、これから増えてゆくことを期待します。

(そういう人が増えれば、鶴ちゃんの音楽を理解できる人も増える・・・なんてね)

呪われた夏?

使っていた二台のウインドウズパソコンが2台とも不調な夏でした。今も

1台はCPUがcore 2 duoでもう一つのほうはCPUがcore 2 quad です。
Quadマシンのほうが、7月頃から使用中に突然終了するようになりました。
microsoftのメモリーチェックを行った所、LAmのチェックでいつもFaild!になります。
2つのマシンのメモリー交換してみても同じ結果です。メモリが4枚とも駄目なのか?それともメモリ部分のマザーボードに問題があるのか?
そうこうしているうちに、duoマシンのほうが立ち上がらなくなりました。ディスプレイケーブルには問題ないようです。(quadマシンだと表示されるので)電源を入れたとき、左上から文字がタタタと表示されるはずが、何も表示されません。Bios画面を出すその前の状態すら出ないのです。CPUファンと、ケースのファンは回っていますが、やがて止まってしまいます。
いろいろやってみても解決しないので、やはりマザーボードが駄目になったのかと思い、試しに同程度のマザーボードを5800円で購入しました。本日新品のマザーボードで接続し、電源を入れてみた所・・・・



結果は同じでした。
「えー!マザーボードのせいじゃ無かったの?」
5800円はともかくとして、では本当の原因は何なのでしょう?

次に試してみるのは、電源ユニットの交換です。

この調子で、パソコン1台丸ごと新調するはめになったりして・・・(T_T)
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ