もう一時間ほど過去に成ってしまったけれど、今日はコルンゴルトの命日だった。
もう53年たったのだ。
コルンゴルトは、素晴らしい音楽家だったとつくづく思う。彼の音楽を知って以来、私の音楽観は少なからず変わった。もっと若い頃に知っていたら・・・私の人生はもっと変わっていたかもしれない・・・・

コルンゴルトファンが若い人の中にも少しずつ誕生していることが嬉しい。「良いものは良い」のだ。
12月16日には「コルンゴルト広め隊」によるレクチャーコンサートが、芸大で開かれる。楽しみなことだ。
---------丸ごと引用して紹介しておきます--------------
コルンゴルトを広め隊 第1回公演から約1年。この冬、ようやく第2回を開くことが決定いたしました。
前回は彼の生涯と作品を概観する内容でしたが、今回は「神童」としてのコルンゴルトにスポットを当て、10代までの作品を取り上げます。
年末、そして平日の夜、というお忙しい時期と存じますが、お越しいただけたら幸いです。

以下詳細です。

-----
コルンゴルトを広め隊 第2回公演
《神童コルンゴルト》

20世紀はじめにウィーンで活躍したユダヤ人の作曲家、コルンゴルト(Erich Wolfgang Korngold、1897-1957)の作品と生涯を紹介する企画の第2回。
今回は、「神童」ともてはやされた10代の作品を取り上げます。
室内楽から声楽、ピアノ曲までの様々なジャンルの作品を、解説を挟みながらお送りします。
どうぞ皆さまお誘い合わせの上お越しください。

●日時:2010年12月16日(木)19:00開演
●場所:東京芸術大学 上野キャンパス 第1ホール
●入場:全席自由、無料
●曲目:
ピアノ三重奏曲Op.1より第1楽章
6つの性格的小品《ドン・キホーテ》
6つのやさしい歌Op.9
弦楽六重奏曲Op.10より第4楽章
●出演:
梶川飛空亜(Vn)、大澤久(Vc)、三木蓉子(Pf)、
松山裕香子(Vn)、高木祐香(Vn)、大角彩(Va)、藤井杏子(Va)、西海朱音(Vc)、
佐々木美歌(Sop)、福永一博(Br)、川口成彦(Pf)
●企画と解説:コルンゴルトを広め隊 代表 中村伸子