二冊読了した。
一つは、小出裕章著の「原発のウソ」
GENPATSU_MÍ単に原発をやめれば良いというだけでなく、既に世界に飛散してしまっている放射性物質の被害に対してどうすべきかをまじめに考えている。
原子力に無縁の開発途上国の人に被害を振り向けては決してならないと・・・その為には、「原発の恩恵を受けた先進国の人々が汚染した食料を食べるべし」とまで言っている。
但し、大人だけ。こどもは出来るだけ放射能から遠ざけるべきとも言っている。
理想論と言うか、現実を深く見ていると言うか・・・とても参考になる本だ。




もう1冊は、広瀬隆著の「福島原発メルトダウン」
HUKUSIMA _Mこの本でも、放射能の恐ろしさについて専門家の立場から解説している。そして、とくに原発推進の立場の政府や企業やマスコミが、放射能の本当の恐ろしさを過小にしか報道してこなかったことについて、きびしく糾弾している。
確かにこれを知ると、これまでの国策としての原発推進のために、国は電力会社に対して大いに甘い立場を取り続けて来たことが解る。今になって、(政権が変わったから?)厳しい振りをしたって・・・
電力会社の賠償額に上限を設けて来たことなど、国策を一気に180度転換する訳にも行かないだろう。

現在起こっていることは、これまでやって来たことのマイナス面を大きく背負っている。しかし、これからのことは、今の国民がしっかり考えて方向性を決めてゆかなければならないと思う。その為にも、本当はどうなのか?・・・正しい情報に接する事がとても大切だ。
「パニックを起こしてはならない」という理由のもとに、情報を隠して来た、これまでのようであってはならないと思う。