鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

2012年03月

デザイナー的・・・今朝の夢

今朝は変な夢を見ながら目が覚めた。

タートルネックのセーターの新デザインを考えていた。首の下に丸形やハート形のウインドウを作って、透明な素材(たぶんビニール)をはめ込むか、あるいはそのままオープンにする。女性用。女性の豊かな旨の谷間をそのまま見せても良いし、ネックレスやペンダントのようなものが会っても良い。
うーん・・・普通、夢は目覚めると内容を忘れてしまうものだが、今朝は内容を良く覚えていた。デザインをあれこれ考えているうちに次第に目覚めてきた感じだ、どこまでが夢でどこからが覚醒か,よく判らなかった。

忘れないうちに,画像ソフトで見本を作ってみた。
turtle

もし実現化したら,デザイン料を私に下さい。

神尾真由子のコルンゴルト

昨日、東京交響楽団の定期演奏会で、コルンゴルトのバイオリン協奏曲を聴いてきました。ソリストは2007年チャイコフスキーコンクール優勝者の神尾真由 子。会場はサントリーホール。通常のコンサートよりも早い、午後6時開演ということで、焦って駆けつけました。コルンゴルトの他には、ストラビンスキーの 交響詩「うぐいすの歌」とスクリヤビンの交響曲第4番「法悦の詩」・・・全体に何ともマニアックな曲ばかり、お客が少ないかとも思ったのですが、それほどでもな かったです、よく入っていました。
コルンゴルトの演奏は、まずまずの合格点。でも、オーケストラにはちょっと辛い採点をしたい。
生演奏で聴くこともなかなか無いことなので、聴けて良かったです。

今日(3.11)は、これ以上つべこべ書きたくない心境。
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ