鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

日々の日記

東京五輪・パラリンピック、マスコット選考について思う

東京五輪のマスコットについて、公募で選ばれた候補作品の中から,最終的には全国の小学生の意見を集約することによって最終決定をする、という案が 発表された。なるほど、こうすればオリンピックも国民的なイベントとして、さらに全国の国民の意識の中にひろく浸透することだろう、面白いいいアイデア だ・・・と一瞬思ったが、色々考えていると心配な面も有ることに気づいた。あげく「これでは小学生が可哀想なのでは?」とまで思い始めた。なぜ か?・・・・なるべく長くならないように要約して書いてみようと思うが、それでも長くなりそう。
1.最終的な小学校単位の投票結果については、ガラス張りにすべきである。ネットで公開するなど、どの学校がどの案に投票したかが公開されるべきだ。公開 されれば、投票した小学校ではそれを確認し、自分の学校がどんな案に投票したかが、きっちりとネットに情報として載っていることを確認出来る。つまり、不 正な操作が不可能になるということだ。だからガラス張りにすべきである。もしこれをしないとどうなる か?何らかの理由で小学校単位のプライバシーに配慮し、どの学校がどの案に投票したかは解らないように、数値だけの投票結果を発表するという事になれば、 嘘の結果発表だって可能になるということだ。どこかのおエラい方の気に入った案をあたかも全国の小学生に選ばれた案として公表することだって出来る。「ガ ラス張り」でないということは,そういう恣意的な不正が行い得るということだ。そんなことになったとしたら、小学生達は単に名目として利用されただけとい う事になり、「人間の尊厳」という観点から見るとこれほど馬鹿にされた話も無い。可哀想なのである。
2、では、ガラス張りに投票結果をくまなく発表されたらどういうことになるか?運良く自分たちの学校が選んだ案が,最終決定として選ばれたなら、選んだ側 としても嬉しいし,鼻高々だろう。惜しくも自分たちの選んだ案が選にもれた学校は、ちょっとがっかりだ。ちょっとがっかりでもそれが人に知られないならば まだ良いが、「ガラス張り」で誰にもそれを知られるという事になると、投票結果が「当たり」だった学校と「ハズレ」だった学校が公表されることになる。こ の町のA小学校は「当たり校」だったがすぐ隣のB小学校は「ハズレ校」だったということになると、「ハズレ校」のこどもが「当たり校」のこどもたちにから かわれたり、馬鹿にされたりしないとも限らない。いじめの一つの材料にされかねない。オリンピックのマスコットを選ぶという権利を得たのは良かったが、選 んだ結果については子供達が責任を負わなければならない、という、悲しい一つの事例が発生してしまうかもしれないのだ。可哀想なのである。

憶測だけが元になっている話のようだが、どっちにしても子供達が可哀想なことに成り得る。こんな案は、結局のところオリンピックを盛り上げる為に子供達を利用しているだけで、ろくな案ではない・・・と今は思っている。



関連ニュースのURLはこちら


第9回ハートフルコンサート

自分の住んでいる地元に音楽文化を・・との思いで続けてきた、アットホームなハートフルコンサートも9回を数えました。今回はソプラノの細谷由香さんとクラリネットの鈴木雄大君を迎えての公演で、充実した内容にお客様も満足していただけたようです。わたしは、新作こそありませんでしたが、クラリネット独奏用の編曲や、アンサンブルの編曲で影の活躍でした。
2017Heart_01m
 そのうちの一つ、アイレンベルク作曲「森の水車」はYouTUBEで
公開しています。
https://www.youtube.com/watch?v=5TyAVxhYt0k  
ついでにもう一曲
歌劇「こうもり」から、アデーレのアリア「侯爵様貴方のような方は」
https://www.youtube.com/watch?v=vhwD61AJUJs  
しばし充電したら、自作曲にも取り掛かりたいと思っています。

ふるさと再び福光コンサート

昨年3月に、いわき市内で開かれた「第2回ふるさと再び福光コンサート」に新作を提げて参加した。
その時の演奏は、YouTUBEにアップしてある。
https://www.youtube.com/watch?v=jXFxpdbtEuI
本年も3月20日に第3回福光コンサートが開催されて、私もいわき市まで行ってきた。
今回は新作の発表はなく、編曲と指揮のみでの参加だった。若手の活躍もあり、いい感じのコンサートだった。来年の第4回には、また新作を書き下ろして参加したい。

hukukou3

3人目の孫

1月3日に誕生した、3人目の孫「史織」ちゃんに会ってきました。生後3週間半・・・まだ寝ている時間が多いという感じでした。「寝る子は育つ」かあ・・・
iasaoshiori_m

新年おめでとうございます。

新年おめでとうございます!。昨年3月をもって尚美大の仕事も終了し、第二の人生を満喫しております。次の新作にご期待下さい!(大風呂敷)
2017_ny_m

小野明子さんのライブ

久しぶりに小野明子さんの演奏会に行ってきた。・・といっても、渋谷のレストランでのライブだ。
2枚目のCDを発売した記念ライブの意味もある。演奏は30分だけというイベント、しかし小野さんを知る共通の友人何人かにも再会する事が出来た。購入したCDにサインもいただいた。いつか小野さんに弾いていただくようなバイオリンソロ曲を書きたいと思っている。
AkikoOno2016-12-25_01m
AkikoOno2016-12-25_02m
AkikoOno2016-12-25_03m

鶴ヶ島けやきコンサート

地元の演奏家を糾合して、クラシック音楽の演奏会を企画してからはや五年目。今回も満員のお客様に来ていただき、無事に終える事が出来ました。
けやき_集合写真m
音楽的な出来映えについては、専門家的な目から見ればいろいろ有るけれど、ともかく客席が埋まるという事は、成功の大きなバロメーターで、今回も「盛会」だったと言えるでしょう。
私は今回は出演はなく、チラシやプログラムを作ったり、本番ではビデオ撮影を担当しました。
チラシやプログラムは、今回はカラー印刷にした。第五回目だからという事で奮発したと言うか、安い印刷会社が見つかったからと言うか・・・
けやき5ポスターm
カラーはいいですよね。さらに、プログラムでは今回「ミニコラム」というものを載せてみました。
充実した曲目解説を載せる余裕は無かったのでこうしたのですが、なにも無いよりは良かったみたい。
プログラム_コラム
終了してすぐ、色々と反省し、もう来年度への思いをめぐらせています。

雑感(風邪ひき)

雑感〜どーでも良い記事ですが・・・・
久しぶりに風邪で寝込みました。
発熱
先週の金曜から、少し調子が悪く、土曜日に医者に行きました。
薬をもらって寝ていましたが、がつ用になってもまだ、7度7分の
熱が有りました。今日(水曜)、熱は下がっていますが、まだ
鼻水が出ます。明後日の仕事には出かけられそうです。
(仕事に出る日は金曜日しか無いんでちょうど良かったです)
若い頃は、風邪なんてもっと早く治っていた気がするが、一週間もかかってしまうとは歳のせいでしょうか?それとも今年の風邪が少し悪質なのかな??

ブログのページへの訪問者数が、毎日メールで送られてくるので
少しは更新しなければ・・・と、催促されているようで
こんなくだらない記事を書きました。
また何かくだらない事を思いついたら書きます。(~_~)

バイオリンソナタ

若い頃に書いた作品ですが、「バイオリンソナタ」をSMPから出版しました。パソコン浄書したものでなく、手書きの楽譜をスキャナで取り込んだものです。安くしました。売る為というよりは、自分自身のアーカイブとしてアップロードしている感が有ります。明日私が死んでも残るように・・・
Turu_VLSO_SMP
こんなの、買ってくれる人がいるのでしょうか??ちょとだけネットで宣伝してみようかな?。

旧作「真理子抄」のデジタル出版

紙に印刷される楽譜を出版しようとすると、最低でも50冊は買い取るように出版社に要求される。それは出費としてはかなりいたい。デジタル出版ならそのようなことは無い。ただ、提供する側が楽な分、受け取る側はそれを自分で印刷するという面倒を引き受けることになる。そのことを思うと、単価をあまり高くするわけにもゆかない。ネット上でのデジタル出版は、可能性としては世界中の人に、見つけてもらう可能性がある。・・・せめて、そこに希望をかけたい。
1988年に演奏された尺八版はすでに、マザーアース社から出版されていますが、今回は2004年に初演された、フルート独奏版をSMPから出しました。。
mariko_Suite_m
こちら、フルート独奏版は2004年にシド音楽企画主催の「日本の音楽展〜作曲賞」において「優秀賞」を受賞。そのときの審査員評を紹介させていただきます。
(以下引用)
「審査は三善晃、松村禎三、と私広瀬量平が行った。今年の応募作品の中から鶴原勇夫君の「真理子抄〜フルートのための〜」と木下大輔君の「女ーソプラノとピアノのためのー」がPich upされた。
鶴原君の作品ははじめ地味な印象だった。特に創意や作為が目立つわけではなく記譜や書式も在来のものと特に変わらず、見る人によっては平凡に感じられたかもしれない。しかしよくみるとこの作品はフルートの作品としてとても良く出来ている。
 多くの作曲家は、作品においてピアノを手がかりとすることが多いが、ピアノはどの音、どの音域でもfやp、クレッシェンドやディミニュエンドなどが可能である。しかしフルートはfを書き込んでもその音は何の魅力もないし何も意味がないということもある。しかしその音をオクターブ上げるだけで光り輝く音となり、魅力溢れる表現を可能とする。同じように或る音から或る音へクレッシェンドと書かれていても少しもクレッシェンドしない。むしろディミニュエンドしてしまったりする。それが逆の場合は、何も書かなくてもクレッシェンドしてしまうから、それにクレッシェンドと書くと不必要な程のクレッシェンドになってしまう。こうゆうことはどの楽器にもある。たとえばピアノでは長い音を出すために鍵盤にタッチすると、音の出た瞬間から減衰がはじまり、音はどんどん小さくなる。これがオルガンとの違いである。
 こういう宿命を楽器はそれぞれ持っているのだが、それを不自由と感ずるか、それを活かして表現に役立てるかは人によって異なる。そう言う点で、「真理子抄」は大変すぐれている。楽器の使い方が上手などということではなく、そういうことをよくわかって作曲していると思った。」
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ