鶴ちゃんの気まぐれ日記

コルンゴルトをこよなく愛する作曲家、鶴ちゃんのページです

コルンゴルト

コルンゴルトの夕べ

6月22日夜、「コルンゴルトの夕べ」と題した、バリトンの石崎秀和氏のリサイタルに行って来ました。
コルンゴルト(1897−1957)の没後50年の2007年頃にはコルンゴルトの曲ばかりによるコンサートも少しはありましたが、その後は、「オール・コルンゴルト・プログラム」の演奏会はほとんど見かけない状態でした。「コルンゴルト広め隊」による企画コンサートもありましたが、それは研究会的な意味あいのイベントでしたし、オペラ「死の都」公演は、コルンゴルトの曲ばかりを演奏しているという事を特色として語る意味のない演奏会です。従って、一般的なコンサートとして、オール・コルンゴルト・プログラムを組んだ、この石崎氏の「コルンゴルトの夕べ」というコンサートは、めずらしく意欲的にコルンゴルトを紹介したコンサートだったと言えます。
Korngold_Ishizaki
ほとんどの曲はすでに聴いたことのある曲でしたが、中には楽譜の出版されていない初めて聴く曲もあり、興味深い内容でした。それと、もう一つ良かったのは、オペラ公演で見かけるような「日本語字幕」を表示していたことです。私も、意味をよく理解しないまま聴いていた曲もあるので、これは有難い・・・新たな曲の再発見にもなりました。
 ピアノの小田さんも、ソロによる演奏も含めなかなか良い伴奏をしていました。

 第2次世界大戦中アメリカに亡命し映画音楽を作っていたコルンゴルトは、戦後は忘れられた作曲家となってしまい、わが国でも、(最近見直されるようになる前は)殆どの音楽家にとって「知らない人」だったようです。知人の作曲家も、この晩初めてコルンゴルトの良さを知った、と言っていました。
私も、授業で学生にコルンゴルトの魅力を説いていたりしましたが、このような演奏会の場で演奏家の方が聴衆にコルンゴルトの魅力を語ってくださる事は、大変に喜ばしいことです。
 石崎さんには、この日演奏しなかった楽曲を取り上げて「コルンゴルトの夕べ第2夜」を企画して頂けたら良いな。女声の声楽家とのジョイント・リサイタルでも良いかも。(「マリエッタの歌」のように女声向きの曲も有りますからね)期待!!

コルンゴルトのピアノ協奏曲とヴァイオリン協奏曲

4月の27日に、CDでしか聴いた事のないKorngoldのピアノ協奏曲(左手の為の)が、生演奏で聴けるというので、交通費をかけて大阪まで聴きに行ってきました。
20180427_Korngpld
一箇所「ミスじゃないかな?」と前から気になっているところがあったのですが、この日は「ミスかな」と思うほうで演奏していました。ピアニストに会えたら、聞いてみたかったのだけれど、そのような機会はありませんでした。
KornPConMiss
所有している3枚のCDのうち2枚は、ピアノもAsで演奏しています。

同じコンサートホールで、2日後にもKorngoldのバイオリン協奏曲が演奏されることが分かっていたので、こちらも聴いてから帰りましょうと、チケットを確保しました。間の日には関西在住の同級生とミニ同窓会などをして過ごしました。
4月29日は、別の演奏団体でした。
20180429_Korngpld_1
コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲と、バルトークの管弦楽の協奏曲という、私にとってご機嫌なプログラムでした。

懐かしい友人にも再会できて、有意義な旅行でした。

革命前夜

2月25日、「革命前夜」という、変わったタイトルの演奏会に行ってきました。コルンゴルトのピアノ5重奏曲を聴くのが狙いでした。
Kakuåmei
会場は、成城学園の住宅街にある「サローネ・フォンタナ」というサロン風会場。
曲目は、

ワーグナー(三好駿編曲ピアノ五重奏版):楽劇「トリスタンとイゾルデ前奏曲

ドビュッシー:弦楽四重奏曲より第1楽章、第4楽章

コルンゴルト:ピアノ五重奏曲 の3曲が主なもの。

演奏者は、

ヴァイオリン:菊池武文、谷崎大起

ヴィオラ:世川すみれ

チェロ:渡邉ゆかり

ピアノ:三好駿

案内:水野蒼生


演奏家の皆さんはなかなか優秀な方が多く、見事なアンサンブルを聴かせてくれました。


このコンサートを企画したのが、若手音楽家の水野蒼生氏でした。彼はコルンゴルトを紹介したい為に同時代のシェーンベルグなどと併せて曲目を考え、「革命前夜」と名付けたとのこと。
「コルンゴルトとその時代」の著者である早崎氏も駆けつけ、終了後短時間ながらコルンゴルト談義に花を咲かせていました。
若い音楽家のなかでコルンゴルトの素晴らしさに目覚め、啓蒙活動を始める人が出てきてくれていることに、老コルンゴルトファンとして感慨深いものがあります。

久しぶりのコルンゴルト

久しぶりに、コルンゴルトのバイオリン協奏曲を聴きました。ソリストはもちろんプロのバイオリニストで、ドイツ在住の植村理葉さん。オーケストラは、プロアマ混在(?)のマーラー祝祭オーケストラ。
ソリストになんとかついてきていました。マーラーの5番はオーケストラメンバーの奮闘ぶりが印象に残りました、手の込んだオーケストレーションだなあ。
Korngold_Mahler

コルンゴルトのコンサート

鶴ちゃんの大好きな作曲家E.W.コルンゴルト。彼の作品を演奏するコンサートがこの暮れに3つも続く・・・うれしい話だ。できれば全部聴きに行きたい・・・今のところ全部聴きに行くつもりでいます。
まずは、11月27日

バンダナ姿の作曲家-主題と変奏
オーケストラ・ソノーレ代22回定期演奏会
11月27日14時開演:ホクト文化ホール
ここで「主題と変奏」Op.42が日本初演されます。日本初演ですぞ!

次に、
12月11日には、
バンダナ姿の作曲家-組曲
ヤンネ舘野、舘野泉デュオ・リサイタル
12月11日(土)14時開演
東京文化会館小ホール
ここで、組曲Op.23が演奏されます。左手ピアノと弦楽器3人の曲で、演奏されることも多い曲です。

最後に、
12月14日(水)

バンダナ姿の作曲家-ピアノ五重奏
石井啓子アンサンブル・シリーズXXIII
12月14日(水)19:00開演
東京文化会館小ホール
ここで、ピアノ五重奏曲Op.15 が演奏されます。スケールの大きい雄大・優美な名曲です。
皆様もぜひ聴きに行きましょう。

鶴ちゃんとしても久しぶりに、充実した年の瀬になりそうです。

プロフィール

バンダナの鶴ちゃん

記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ